雨漏り修理にかかる費用の相場などご紹介しています

雨漏り修理にかかる大体の費用ってどのぐらい?相場を知る

工法別費用単価まとめ

雨漏り修理にかかる費用をまとめてみました。注意点としては、地域や瓦の種類などで単価には差が出る点です。

ストレート屋根の場合のはき替え工事

屋根の全体の工事なので非常に大掛かりな内容です。そのため費用も高く、時間もかかります。

ストレート材をすべて撤去します。㎡単価で約2000円から2500円が相場となっています。
アスベストの処理を行いますが、地域によって費用が変わってきます。㎡単価で約20000円から30000円となっています。
材料費として㎡単価で500円から800円がかかります。
ガルバリウム施工という工事の材料費及び施工費用は、㎡単価約5000円から6000円となっています。
軒や棟の施工及び材料費は、㎡単価約6500円から8000円となっています。
足場の作成、他交通費などの諸経費などは㎡単価約900円からとなっています。

トタン屋根の場合のはき替え工事

トタン屋根の場合は、屋根の形状によって大きく費用に差が出ます。

既存の材料をすべて撤去及び材料費は、㎡単価で約12000円から12500円が相場となっています。
材料費として㎡単価で500円から800円がかかります。 
ガルバリウム施工という工事の材料費及び施工費用は、㎡単価約5000円から6000円となっています。
軒や棟の施工及び材料費は、㎡単価約6500円から8000円となっています。
足場の作成、他交通費などの諸経費などは㎡単価約900円からとなっています。

瓦のはき替え工事、はき直し

使う瓦の種類によって大きく費用に差が出ます。

現在の瓦の撤去及び処理は、㎡単価約22000円から33000円となっています。
屋根の下地となる野路板の材料及び設置費用は、㎡単価約2000円から3000円となっています。
材料費として㎡単価で500円から800円がかかります。
瓦の設置及び材料費は㎡単価で約6000円から12000円となっています。
軒や棟の施工及び材料費は、㎡単価約6500円から8000円となっています。
足場の作成、他交通費などの諸経費などは㎡単価約900円からとなっています。
屋根の雨水を流すための樋の作成は㎡単価約3000円から5000円となっています。

イメージとしては、どの工事でも100万円近くの費用がかかると思っていて良いでしょう。

雨漏りの修理費用相場

雨漏りの修理にかかる費用の相場を簡単にまとめてみました。

トラブルが非常に多い、棟板金の雨漏り修理の場合

 

棟板金の浮きによる雨漏りトラブルが多く、予防のためにストレート屋根にする前に必ず交換しておきたいものです。費用相場は約30万から100万と幅広く、使う瓦や形状によって差が出てきます。

瓦や屋根の接着部分である漆喰部分からの雨漏りの場合

 

漆喰の劣化や施工不良によって隙間が生じ、そこから雨水が侵入するトラブルも多いようです。この場合の修理にかかる費用相場は約30万から80万と幅広く、使う瓦や形状によって差が出てきます。

ストレート瓦などの雨漏り修理の場合

瓦の種類などによっても費用に差が出るのですが、修理費用の相場は約30万から100万と幅広いようです。

施工不良による雨漏り修理の場合

施工したものの、わずかな隙間があったりした場合そこから雨水が侵入してきます。この場合の修理にかかる費用相場は、約20万から300万円と修理の内容によってかなり大きな差が出てきます。

劣化による雨漏り修理の場合

建ててから何年も経過し、劣化して雨漏りしている場合の修理にかかる費用相場は約100万から300万円となっています。劣化している箇所によっても差が出ます。

コーキングに抜けがある場合の応急処置の場合

外壁のコーキングなどは劣化によってひび割れたり、コーキングそのものがうまくできていないとそこから雨漏りが起きます。この場合の修理にかかる費用相場は約2万円から20万円になります。

屋根の雨漏り修理費見積もりをお願いできる業者ご紹介

総合評価第1位
雨漏り修理の達人 雨漏り修理の達人

全国の選りすぐりの職人さんを施工事例やプロフィールなどを見ながら選び近隣から来てもらうことができるので臨機応変な対応が可能。紹介料や仲介手数料もかかりません

総合評価第2位
屋根雨漏りのお医者さん 屋根雨漏りのお医者さん

中間業者が介入してこないことで工事がスムーズに進み、コストを抑えることができるのが魅力。フリーダイヤルの受付は24時間行っているので、急ぎの事態でも安心。

総合評価第3位
雨漏り110番 雨漏り110番

赤外線カメラを使用しての調査・診断が可能なので、雨漏りの原因を素早く特定することができます。公式ホームページやブログなどを利用した有益な情報コンテンツ配信も魅力。

ページのトップへ