雨漏り修理の工法や調査の仕方などご紹介しています

雨漏り修理ってどんなやり方で治すのか?

雨漏りの調査方法

雨漏りの調査には4つの方法があり、それぞれの違いや費用の相場をまとめてみました。

基本中の基本、目視調査

どこからの雨漏りなのか、だいたいの予測をつけて目視で確認します。屋根上に登って確認することもありますし、屋根裏に入り込んで確認することも。雨漏りの跡を辿っていき、発生箇所を探っていきます。調査の費用は無料のことが多く、調査費用無料と記載されているところは、この目視検査のみのケースが多いようです。

水を使う、散水検査

水道から水を引いて、原因と思われる箇所に散水して漏れがあるかどうかを確認する方法です。足場を組む必要があるケースもあるため、費用は3~18万円ほどが相場とされています。台風や地震などの大きな被害によって起きた再現困難な雨漏りに対しては、この検査は不向きだそうです。

紫外線を使う、発光液調査

特殊な発光塗料を雨漏りしていると想定される箇所に塗布していき、屋根裏から紫外線を当てて調査する方法です。浸水していると発光するので、はっきりと原因となっている箇所が判断できます。通常、雨漏りしている箇所が複数あるような場合に使われることが多いようです。費用は10万~25万と高めの設定となっています。

いちばん費用が高い、赤外線サーモグラフィー調査

費用は18万~35万円とかなり高いのですが、散水調査とのセットで使われることが多い調査です。温度の変化によって雨漏りの箇所を特定できます。

雨漏り修理のやり方

雨漏りに気付いたら、まずは自分でできる範囲で補修をしましょう。応急処置にしかならないので、一時的なものにはなりますが、何もしないで雨に降られてしまうよりは断然マシです。

用意するもの 防水テープ、ブルーシート、紐、はしごなど
手順 ①雨漏り箇所の周辺から広めにブルーシートをかぶせます。
②排水溝や雨どいなどのゴミや落ち葉など、詰まってしまいそうなものは排除しましょう。
③防水テープで雨水の侵入しそうな箇所を塞ぎましょう。
費用 1万円以内

はしごを使ったりと少々大掛かりになる可能性もあるので、自分では無理そうだと判断した場合は業者でも応急処置をしてくれるので早急に依頼しましょう。その場合、費用は2万から3万円ほどかかります。

また業者で行う応急処置の方法は、ヒビが入った箇所をコーキングで埋めて雨水の侵入を防ぎます。瓦が割れてしまっている場合は、新品と交換します。本格的な修理になると劣化の状態によっても差が出ますが、簡単で安いシーリングで約5万円程からになりますし、全体の屋根の履き替えともなると100万円以上の非常に高額な費用が必要です。

応急処置も大規模修繕もおすすめの雨漏り修理業者は?

総合評価第1位
雨漏り修理の達人 雨漏り修理の達人

全国の選りすぐりの職人さんを施工事例やプロフィールなどを見ながら選び近隣から来てもらうことができるので臨機応変な対応が可能。紹介料や仲介手数料もかかりません

総合評価第2位
屋根雨漏りのお医者さん 屋根雨漏りのお医者さん

中間業者が介入してこないことで工事がスムーズに進み、コストを抑えることができるのが魅力。フリーダイヤルの受付は24時間行っているので、急ぎの事態でも安心。

総合評価第3位
雨漏り110番 雨漏り110番

赤外線カメラを使用しての調査・診断が可能なので、雨漏りの原因を素早く特定することができます。公式ホームページやブログなどを利用した有益な情報コンテンツ配信も魅力。

ページのトップへ