雨漏りをセルフ診断する方法などご紹介しています

雨漏りをセルフ診断

天井と壁クロスから雨漏りチェック

雨漏りはさまざまな箇所で発生する可能性があります。雨漏りというと台風や大雨で起こるようなイメージをお持ちの方もいらっしゃると思いますが、そういった災害が関係しなくても少しずつ進行しているものです。このような長期間にわたって家の内部に溜まり続けてきた水は普段から気をつけていないと案外見落としがちで、ふと目に入って見つけたときにはすでに酷い状態になっていた!なんてこともあるのです。

ですが、さすがに家の隅々まで雨漏りがあるかどうか見て回ることは難しいですよね。そもそも、怪しい箇所を見つけたとしてもそれが汚れなのか雨漏りなのか、見ただけでは判断できないかもしれません。そこで今回は雨漏りのセルフチェックをしやすい順にご紹介していきます。まず、最もセルフチェックが簡単なのは屋内です。主にどこを重点的に見ればいいかをまとめたので参考にしてみてください。

場所 チェック内容
天井や壁 天井や壁を見てみてシミができていたら単なる汚れではなく雨漏りも疑ってください。そして雨が降った際にその箇所から水気があったり、広がっているような感じがあるなら雨漏りの可能性が高いです。
天井の隅や壁との接点 天井の隅に黒い斑点が見える、壁との接点に黒い筋がついている、などの場合は黒カビが疑われます。黒カビは水気によるもので結露が原因となっていることもありますが、もし黒い斑点や筋が出ているクロスの下に雨シミがあれば原因としては雨漏りが濃厚です。
サッシ 大掃除の際にサッシの枠や障子が濡れていたのを見つけた、という方も多いのではないでしょうか。サッシの枠や障子が濡れているのは防水シートと枠の間のゆがみが原因かもしれません。
フローリング 壁に面しているフローリングが変色している場合、侵入した水が染み出している可能性があります。

外観から雨漏りチェック

屋内のチェックが終わったら、次は外観から見てみましょう。わかりやすいタイミングとしては雨上がりです。外観からのチェックは見つけても手が届かないところがあったり、正確に場所を覚えておけないこともあるため、カメラで写真を撮るなどして記録しておくと修繕を頼む業者にも説明がしやすくなります。

場所 チェック内容
外壁 ひび割れが入っていたり、崩れていたりする箇所がないか見てください。
ベランダ 錆びや腐食が見られないか、ベランダの上部に水が溜まっている部分がないかを確認してください。
雨どい 割れていたり、詰まっていたりする箇所がないかを見てください。

屋根のチェックができるひとは…

転落の危険や屋根を傷めることがあるため、不慣れな方にはおすすめできませんが、自分で屋根に登れる方向けに屋根のセルフチェック項目もご紹介します。自宅の屋根の種類によってチェックすべきことも変わってくるので、タイプ別に確認してください。

和瓦、セメント瓦、モニエル瓦
瓦が割れたり、ずれているところはないか
瓦が一部分、もしくは広い範囲にわたって変色したりしていないか
棟の漆喰が壊れていないか
築20年以上経過していないか
ストレート屋根
釘が抜けていないか
屋根材が剥がれて下地が出ているところはないか
塗装が広範囲にわたって剥がれていないか
変色しているところはないか
コケやカビが生えていないか
屋根材がひび割れているところはないか
チョーキング(触ったとき手に白い粉が付く状態)がないか
屋根が波打ったり浮いたりしていないか
築5年以上経過していないか
金属屋根
釘が抜けていないか
屋根が錆びていないか
塗装が剥がれているところはないか
屋根材が波打ったり浮いたりしていないか
変色しているところはないか
チョーキング(触ったとき手に白い粉が付く状態)がないか
強風や雨の日に金属音が聞こえることがないか
築10年以上経過していないか

屋根の雨漏り修理が得意な業者BEST3

総合評価第1位
雨漏り修理の達人 雨漏り修理の達人

全国の選りすぐりの職人さんを施工事例やプロフィールなどを見ながら選び近隣から来てもらうことができるので臨機応変な対応が可能。紹介料や仲介手数料もかかりません

総合評価第2位
屋根雨漏りのお医者さん 屋根雨漏りのお医者さん

中間業者が介入してこないことで工事がスムーズに進み、コストを抑えることができるのが魅力。フリーダイヤルの受付は24時間行っているので、急ぎの事態でも安心。

総合評価第3位
雨漏り110番 雨漏り110番

赤外線カメラを使用しての調査・診断が可能なので、雨漏りの原因を素早く特定することができます。公式ホームページやブログなどを利用した有益な情報コンテンツ配信も魅力。

ページのトップへ