自分で出来る雨漏りの応急措置や業者に頼める応急処置などご紹介しています

雨漏り修理!自分で出来る応急措置

室内の二次災害を防ぐための応急処置

雨漏りが見つかったらできるだけ早めに専門の業者に連絡し、修理を行う必要があります。放っておけば家全体に被害が及ぶ場合もあるため、見つけたときは些細なものだったからといって放っておかないことが大切です。

とはいえ、工事を頼む業者を選んだり、日取りを決めたりするにはそれなりの時間がかかりますよね。それでやり直しになるようなことは絶対に避けたいです。私も以前、雨漏りの修理をやってもらったことがありますが、1年で再び同じ箇所から漏ってきてしまいました。このようなことにならないためにも、業者は時間にも気持ちにも余裕をもって決めたいものです。

そこで雨漏りを発見した場合、まずは応急処置を行ってみましょう。雨漏りの修理にはどうしても専門知識が必要に思えてしまいますが、応急処置なら自分でもすることができます。ここでは素人でもできる雨漏り修理について説明していますので、お困りなら是非試してみてください。

雨漏り箇所の下にバケツを置く

はじめに、雨漏りでカビやシミができることを防ぐためにもバケツなど底の深い容器を使って水を受け止めましょう。ある程度の量が溜まってくると水が跳ねてバケツの外に落ちてしまうこともあるため、バケツの底には水分を吸収できるようにタオルや雑巾を置いて定期的に絞るようにし、バケツの下には新聞紙やレジャーシートを敷いておくのがおすすめです。

屋根からの雨漏りを防ぐ

次に屋根の応急処置を行います。安全のため、必ず雨が止んでから取りかかってください。

ホームセンターで売っている大きめのブルーシートで屋根を覆うことで対策ができます。雨漏りがどこから発生しているのかを特定するのは専門家でも難しいため、広範囲に覆うことが大切です。このとき、ブルーシートをロープなどで固定しようとすると家を傷つけることがあるので、砂利を詰めた土嚢袋を重りに使うようにしましょう。

ただし屋根に登るのは危険が伴います。雨が降っている最中に作業したりすることは厳禁ですし、1メートルほどの高さから落ちただけでも後遺症につながる場合があります。また、屋根材を壊してしまう可能性もあるため、雨漏りを悪化させるケースもあり得ます。少しでも不安を感じるようなら屋根以外の場所で下記の防水テープやコーキングによる対処を行ってみましょう。

防水テープやコーキングで雨漏りを防ぐ

雨漏りをしている箇所が特定できた場合、防水テープやコーキングによって水の浸入を防ぐことが出来ます。雨漏りは屋根だけとは限らないので、屋根に登ることが出来なくても室内などで雨漏りをしている箇所を見つけたら補修してみましょう。

ですが防水テープは貼り方を間違えると雨水の流れが変わり、それまでとは違う箇所から新たに水が染み出すこともあるので、あくまで雨漏りしている箇所付近のみに留めます。

コーキングについては雨漏りの原因となっている箇所の隙間を埋めるために使用します。先に雑巾で雨漏りの原因箇所の汚れを拭き取ってから隙間の周りにマスキングテープを貼り、コーキング剤を塗っていきます。塗り終わったら乾く前にマスキングテープを剥がし、コーキング剤が乾いたら補修は完了です。

業者は2~3万円で"応急処置"をしてくれる

ここまで自分で出来る雨漏りの応急処置についてお話ししてきましたが、やはり屋根に登ったりするのは怖いものですし、すでに書いたように転落や屋根を傷める危険もあります。自信がない場合は業者にお願いした方が上記のような心配がありませんし、的外れな修理をして費用や時間を無駄にするということもありません。

業者に頼んだ場合、2~3万円が応急処置の相場のようです。とはいえ、業者が行うといっても応急処置であることは変わらないため、その後きちんと根本的な修理をするようにしてください。

そして忘れてはいけないのが火災保険です。保険が適用される範囲には制限があるものの、突風・強風・台風・豪雨、ほかにも積雪・落雪・ヒョウで破損した場合には火災保険が適用され、実質負担なしで修理することが可能です。100%経年劣化で屋根が傷んでいることはほとんどないので、一度火災保険に適用されるかどうかの調査をしてみることもおすすめします。

屋根の雨漏りの応急処置も依頼することができる業者BEST3

総合評価第1位
雨漏り修理の達人 雨漏り修理の達人

全国の選りすぐりの職人さんを施工事例やプロフィールなどを見ながら選び近隣から来てもらうことができるので臨機応変な対応が可能。紹介料や仲介手数料もかかりません

総合評価第2位
屋根雨漏りのお医者さん 屋根雨漏りのお医者さん

中間業者が介入してこないことで工事がスムーズに進み、コストを抑えることができるのが魅力。フリーダイヤルの受付は24時間行っているので、急ぎの事態でも安心。

総合評価第3位
雨漏り110番 雨漏り110番

赤外線カメラを使用しての調査・診断が可能なので、雨漏りの原因を素早く特定することができます。公式ホームページやブログなどを利用した有益な情報コンテンツ配信も魅力。

ページのトップへ